1. ホーム
  2. レディース
  3. バッグ
  4. その他
  5. ■RADISH メッシュカラフルバッグ・レッド&ブルー2個セット■
爆安プライス メーカー直送 ■RADISH メッシュカラフルバッグ レッド ブルー2個セット■ amrita.convertx.ro amrita.convertx.ro

■RADISH メッシュカラフルバッグ・レッド&ブルー2個セット■

174円

■RADISH メッシュカラフルバッグ・レッド&ブルー2個セット■

商品の状態新品、未使用
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域東京都
発送までの日数1~2日で発送









RADISHメッシュカラフルバッグ・レッド&ブルー2個セットです。 中央両面にWORLD FAMOUS CLOVER LEAF BRAND RADISHロゴとイラスト入り。 入口のヒモを絞り込む巾着タイプ。 細長長方形で3つ折に折りたたんであります。 ビーチバックやイージーバック、ラッピング用バックにもお薦め! 素 材ポリエステル、 カラー:レッド&ブルー サイズ:縦50cm×横28㎝ 新品未使用。 #RADISH #メッシュバッグ #RADISHメッシュバッグ #ビーチバック #イージーバック #ラッピング

■RADISH メッシュカラフルバッグ・レッド&ブルー2個セット■

ボーイ BOYY レディース バッグ 【Black Soft Leather Karl Bag】Black - www.edurng.go.thボーイ BOYY レディース バッグ 【Black Soft Leather Karl Bag】Black - www.edurng.go.th
かごバッグ 浴衣 かごバック カゴバッグ NEW ランチバッグ ビニールバッグ 買い物かご 買い物カゴ 9676 レジャーバッグ ラージ スーパーマーケット バスケット トート お花見 エコバッグ バッグかごバッグ 浴衣 かごバック カゴバッグ NEW ランチバッグ ビニールバッグ 買い物かご 買い物カゴ 9676 レジャーバッグ ラージ  スーパーマーケット バスケット トート お花見 エコバッグ バッグ
コーチ/COACH/F37573 Graham Pack In Signature Canvas グラハム パック ショルダーバッグ - www.edurng.go.thコーチ/COACH/F37573 Graham Pack In Signature Canvas グラハム パック ショルダーバッグ -  www.edurng.go.th
バーバリー 巾着 ドローコード ポーチ バケットバッグ ショルダー ショルダーバッグ
子供150サイズ 説明を読んでから落札願います 上下セット ミズノ ハーフパンツ メッシュ生地Tシャツ 短パン スポーツ全般 ランニング 手数料安い子供150サイズ 説明を読んでから落札願います 上下セット ミズノ ハーフパンツ メッシュ生地Tシャツ 短パン スポーツ全般 ランニング 手数料安い
卓上カレンダー 2023年 ドラえもん 2個セット 清水六兵衛作 兎香合
送料込み デービッドヒックス ショルダーバッグ(ブラック) DHSO400 お祝い.内祝い.結婚.長寿.出産.ギフト.プレゼント.記念品.景品.粗品.御礼.お返し - www.edurng.go.th送料込み デービッドヒックス ショルダーバッグ(ブラック) DHSO400  お祝い.内祝い.結婚.長寿.出産.ギフト.プレゼント.記念品.景品.粗品.御礼.お返し - www.edurng.go.th
mms 5
部屋の壁に取りてけて使用中です。写真を額に入れたのを飾っています。強度があるので安心です。

NO ID. ノーアイディー ストール 最高級のスーパーNO ID. ノーアイディー ストール 最高級のスーパー
アクアガール レディース 長袖 ボーダーニット セーター カットソー サイズ36
川西 雅美 4
ちゃんとした金具なので、問題なく使えました。ちゃんとした商品です。

宅配便送料別】カラフルトートバッグ マザーズバッグ PP...|NEUTRAL-STORE【ポンパレモール】宅配便送料別】カラフルトートバッグ マザーズバッグ PP...|NEUTRAL-STORE【ポンパレモール】
NIKE
2点以上も送料無料】ワンポイント 刺繍 A4 トートバッグ レディース メンズ キャンバス オリジナル グッズ 帆布 おしゃれ 無地 トートバック マザーズ 軽い 軽量 可愛い 黒 ブラック かぼちゃ ハロウィン a4 サイズ 肩掛け アマビエ 様 実用的 ギフト 母の日 北欧 - www ...2点以上も送料無料】ワンポイント 刺繍 A4 トートバッグ レディース メンズ キャンバス オリジナル グッズ 帆布 おしゃれ 無地 トートバック  マザーズ 軽い 軽量 可愛い 黒 ブラック かぼちゃ ハロウィン a4 サイズ 肩掛け アマビエ 様 実用的 ギフト 母の日 北欧 - www ...
アームカバー 夏 UVカット 紫外線対策 日焼け防止 ゆったり 黒 らくらく安全はさみ a 子供用 工作 図画 はさみ ハサミ dq222折り紙 クロエ Chloe サングラス 値下げ!doTERRA ミネラル★ピンクパイン2本セット
わたし 5
鮎専用の網は値段が高く手が出ませんでしたが、これは十分機能します。2万円得した気分

LOUIS VUITTON ミュール
RADISH メッシュカラフルバッグ・レッド&ブルー2個セット - メルカリRADISH メッシュカラフルバッグ・レッド&ブルー2個セット - メルカリ
小結 5
I use it on my nitro engine rc and I like it very easy to set up and use. I’ll rate 5 star if Tx is rechargeable.

スタージュエリー K18WG ダイヤモンド リング D0.07ct earth musicecology ブレードマリン帽
人気ファッションまとめランキング 【ブルー】SOEUR/配色メッシュショルダー ファッションやトレンド情報|レディース,バッグ - bizlaw.id人気ファッションまとめランキング 【ブルー】SOEUR/配色メッシュショルダー ファッションやトレンド情報|レディース,バッグ - bizlaw.id
Amazonのお客様 4
16インチのミニベロに使っています。ロックする金具の部分が小さいので16インチの小径タイヤでもスムーズに通せます。地球ロックするにはあと少し長さがあったら更に良いと思ったので☆ひとつ減らしました。

海外ディズニー カチューシャ スパンコール シルバー パープル  スペース ピンキーダイアンマリッジリング
ちびっち 5
1.全体  安いけど頑張ってる感はあります。  但し、取説もない(ここを見ろという情報もない)し、後述のソフトの関係もあり  全体評価は★★ですね。  2.ハード関係  この手の商品で金属筐体に入っているのは大変良いことだと思います。  安い分、動作がまったりだとかノイズフロアが高めとかありますが、充分高CPと思います。  これは星4つあげてもいいです。  3.ソフト関係  ハッキリ言って話にならず、苦労して使えるものを探しました。  今後健闘する方のために紹介したいのですが、  AmazonレビューではAmazon以外のサイトへのリンクが禁止されているため、写真で説明します。  (1)筐体に記載されているバージョンのソフトは現時点で存在しません。当然DLもできませんでした。       (2)同商品を扱っている他ベンダーのサイトにはソフトのリンク先が示されていましたが     本製品とは整合せず周波数が正しく表示されませんでした。現時点では後述のNWT4000での     スナップショットに置き換わったようです。     (80MHzをSGで入力しているのに8MHzで表示される写真あり)       (3)ネットを捜索して、苦労した先人のサイトを参照すると、使えそうなソフトのありかが     記載されていました。(Cheap spectrum analyzer and signal generator:写真あり)       (4)上記の記事内容から、以下2つのソフトを入手、確認しました。いずれもちゃんと使えました。     なお、USBシリアルポートドライバは環境により別途必要になるかもしれません。     スナップショットはSGから80MHzのFM放送用のテスト信号を入力したものです。     ①NWT4000(写真あり)     ②SNAPShart(写真あり)

 Christina Vanzou 「Christina Vanzou,Michael Harrison,and John Also Benett」

 


 

Label:  Seance Centre

Release:  2022年9月2日
 
 
 
 
 
 
Review 
 
 
現在、ベルギー、ブリュッセルを拠点に置いて活動する現代音楽家クリスティーナ・ヴァンゾーは、元々、Stars Of The LidのAdam Witzieとのアンビエントプロジェクト、Dead Of Texanとしてミュージック・シーンに登場した。
 
 
その後、ソロアーティストに転向し、近年ではアンビエントの領域にとどまらず、モダンクラシカルの領域にまで音楽のアプローチの幅を広げつつある。昨年には、鳥の声や自然の環境音のサンプリングを取り入れたベルギーのぶどう農園をストリーテリング調にアンビエント・ミュージックとして表現したアルバム「Serrisme」をリリースしている。
 
 
今回、クリスティーナ・ヴァンゾーは、指揮者としての役割を果たし、二人のコラボレーターとの共作に挑戦している。
 
 
マイケル・ハリソンは、作曲家兼ピアニストとして活躍し、2018年-2019年のグッゲンハイムフェローに選出されている。ハリソンは作曲家、ピアニストであり、ジャスト・イントネーションと北インド古典音楽の熱心な実践者に挙げられる。ラ・モンテ・ヤングの弟子で、「ウェル・チューンド・ピアノ」時代にはピアノ調律師、インド古典声楽キラナ流派の師範であるパンディット・プラン・ナートの弟子として活躍し、その後は独自の調律システムを開発している。
 
 
もうひとりの共作者のジョン・アルソ・ベネットは、シンセサイザー奏者として活躍している。クリスティーナ・ヴァンゾーの2020年の作品『Landscape Archtieccher』にも参加し、このアンビエント作品に新鮮な息吹を吹き込んで見せた。既にお馴染みのコラボレーターとなっている。


既に、全ての音楽は出尽くしたと一般的に言われる現代音楽シーンであるが、それはおそらく多くの場合、音楽における無理解あるいは、想像力の欠如を表すシニカルな批評の言葉でしかない。なぜなら、この最新作「Christina Vanzou,Michael Harrison,and John Also Benett」で、クリスティーナ・ヴァンゾー及び二人の共作者は、全く新しい音楽を出現させているからであり、これまでになかったインド音楽に根ざした西洋音楽の方向性を急進的に推し進めているのだ。
 
 
このアルバムでは、バッハの「平均律クラヴィーア」に近い教会音楽の時代から続く西洋音楽の1つの象徴でもある対位法的なアプローチが取り入れられているが、それは西洋音楽を肯定するものであるとともに、それを否定しもする二律背反とも言うべきインド思想的な作品となっている。おそらく、アルバムの全体的な構想としては、クリスティーナ・ヴァンゾーが最初期から得意としてきたピアノと環境音、そしてシンセサイザーの融合というきわめてアンビエント音楽としてはごくシンプルなものである。しかし、マイケル・ハリソンのピアノは明らかに西洋の平均律の音階にはない東洋的な音響ーー「微分音」を劇的に取り入れている。この微分音というのは、インドネシアの「ガムラン」に象徴される西洋の自然音階には存在しない音階で、純性平均律の音階(スケール)を微分したものだ。日本の作曲家としては、若い時代の西村朗が尾高賞を獲得した「二台のピアノためのヘテロフォニー」において、微分音をミニマルミュージックとして取り入れている。 
 
 
ピアノ、環境音、シンセサイザーとの組み合わせは、かつてブライアン・イーノとピアニストのハロルド・バッドがアンビエント・シリーズにおいて取り組んだ主なテーマでもある。つまり、この三者の共作による「Christina Vanzou,Michael Harrison,and John Also Benett」はブライアン・イーノ&ハロルド・バッドの最初期のアンビエントの系譜に位置づけられると思われるが、そこにマイケル・ハリソンのラーガへの傾倒を顕著に表すこれまでの西洋の音楽にはなかった要素が込められているのも事実である。

 
 
ピアノの旋律は常に単旋律を元に教会旋法のような対位法によって組み上げられていくが、その手法は、どちらかと言えばかつてモーリス・ラヴェルがシェーンベルクの前衛的な音楽を称して言ったように「建築物」のごとく堅固だ。和音というのは常に縦向きの構造であるが、マイケル・ハリソンが組み上げる横向きの和音は、実際の音の反響音(倍音)を活かすものとなっており、実際の音を組み上げるというより、ピアノハンマーが鍵盤を叩いた後に減退していく「サステイン」の過程で生ずる倍音を縦向きな対旋律として組み上げていく。例えば、エストニアのアルヴォ・ペルトが「Fur Alina」という曲で、独特な倍音を単音の旋律進行の倍音によって生み出したように、インド音楽「ラーガ」に象徴されるような東洋的な和音が、倍音として緻密に建築物の一つずつ礎石のごとくハリソンの優雅な演奏によって積み上げられていくのである。
 
 
この作品に見られるインド、チベットの瞑想的な響きについて評論的な言辞をいくら弄したところで無益に等しい。それは、ピアノの旋律、倍音、ドローンに近い環境音を実際に聴いてみてもらいたいとしか言いようがない。


シンセサイザー奏者としてのジョン・アルソ・ベネットの関わり方も素晴らしいもので、マイケル・ハリソンの繊細かつ格調高いバッハ風の演奏の雰囲気をシンセのシークエンスによって調和的に引き立ててみせている。 それはアンビエントの究極的なテーマであるその場の雰囲気を常に尊重するもので、沈思的であり、瞑想的な音響をベネットは強化させることに成功している。
 
 
これらの二方向からのアプローチをひとつに取りまとめるのが指揮者のような役割を果たす、クリスティーナ・ヴァンゾーである。これらの電子音楽的なアプローチを、ヴァンゾーは、モダンクラシカルの「芸術的領域」まで引き上げている。ピアノとシンセサイザーを融合した革新的な音楽に流れる気風は、消え入る寸前で保持される静寂及び東洋的な音響に象徴されるが、それはかつてアーノルト・シェーンベルグのもとで学んだジョン・ケージの最初期の調性を限界点で保持する繊細なピアノ音楽を想起させる。もちろん、その上で、セバスチャン・バッハのように緻密な数学的設計がなされることで、本作はまったく非の打ち所のない傑作として組み上げられたと言える。



100/100(Masterpiece) 
 
 









・9月9日発売のニューアルバム

 

Jock Strap  「I Love You Jennifer B」

 


新たに2021年にラフ・トレードと契約を交わしたロンドンのデュオ、ジョック・ストラップ。Georgia ElleryとTaylor Skyeは、ロンドンのギルドホール音楽演劇学校で出会い、その後2016年にJockstrapを結成する。ベル・アンド・セバスチャンの初期のように、素朴な味わいのあるインディーポップサウンドを特徴とします。

 

このアルバム「I Love You Jennifer B」は彼らにとって記念すべきデビュー作となります。既に先行シングルとして「50/50」「Concrete Over Water」の二曲が公開されている。演劇を学校時代に学んだ二人組による新時代のオルタナティヴポップ作がどのような内容になるのか注目したいところです。



Ozzy Osbourne  「Patient Number 9」

 


 

難病パーキンソン病から大手術により奇跡的な回復を見せたメタルレジェンド、オジー・オズボーンの最新作。

 

アルバムのレコーディングゲストには、ブラック・サバス時代の盟友トニー・アイオミ、ザック・ワイルド、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、錚々たるギタリストが参加。既に公開されているタイトルトラック「Patient Number 9」「Degradation Rules」の2つのシングルを聴くかぎりでは、サバス時代の原点に回帰したかのような芯の太いハードロックサウンド。「来年には必ずツアーに戻る」と勇猛果敢に宣言するオズボーンの最新作は新旧の全世界メタルファンが待ち望むものとなるはずです。



Son Little  「Like Neptune」

 


 

オルタナティヴなR&Bを掲げてフィラデルフィアに彗星のごとく登場したサン・リトル。2015年から三作のフルアルバムをリリースしている。最新作「Like Neptune」は、サンリトルが少年時代にうけた心の傷を癒やすため、アイデンティティを探る作品となっています。先行シングル「inside out」がリリースされているが、これはクラシック・ソウルとモダンソウルを架橋するような楽曲で、ブルージーな雰囲気も漂う一方、チルアウトのような安らぎも込められる。

 

新作アルバムの先行シングルとして「deeper/stoned love」「6AM」「Inside out」の三曲が公開されている。これらの曲では艶のあるサンリトルのボーカルから分かる通り、クラシカルなソウルミュージックへのリスペクトが込められている。新時代のR&Bシーンを牽引するような存在となるか、R&Bファンにとって「Like Neptune」は重要な意義を持つ作品となるでしょう。

 

 

 

・9月16日発売のニューアルバム


Death Cub For Cutie 「Asphalt Meadows」

 


 

USインディー/オルタナティヴの象徴的なロックバンド、ベンジャミン・ギバード率いるデス・キャブ・フォー・キューティー。

 

これまで、彼らは2000年代始めから「Transatlantism」を中心に良質なリリースを続けてきたが、今作もまたインディーロックの金字塔となりそうな作品のひとつです。「Roman Candle」「Here To Forever」「Foxglove Through The Clearcut」と3つの先行シングルが公開されています。上記のシングルでは、00年代のUSインディーロックに音楽性の重点を置きながら、よりアリーナロックバンドとしての風格を感じさせます。これは現在もバンドとしての成長を遂げている証拠でもあるのでしょう。

 

 


Rina Sawayama 「Hold The Girl」

 


 

サマーソニックで来日公演を果たしたロンドンを拠点に活動するシンガー、リナ・サワヤマ。The 1975の所属するダーティー・ヒットと契約を結んで第一作(実質的には『Sawayama』以来の2ndアルバム)となる。

 

現時点では、先行シングルとして「This Hell」「Catch Me In The Air」「Hold The Girl」「Phantom」が公開されている。既に先行シングルだけでも大きな期待を感じさせるものとなっており、ポピュラー・ソングとしてクオリティがきわめて高いものとなっています。

 

センセーショナルなアルバムアートワーク、アーティスト写真、Instagramのインフルエンサーとしての底力がシンガーとして実作にどのように現れるのか。次世代のレディー・ガガとも称されるロンドンのシンガーの最新作「Hold The Girl」はポピュラーミュージックの潮流を変えるものになるでしょうか。



Mars Volta  「Mars Volta」

 


 

10年ぶりの長い眠りから覚めたマーズ・ヴォルタ。彼らの再結成は、ファンにとっては「百年の眠り」にも思えたはずです。

 

最初期にはサイケデリックなハードロックをリリースしていたマーズ・ヴォルタではありますが、LAでのアルバム発表とともに公開された先行シングル「Blacklight Shine」ではラテンミュージックやソウルの影響をロックソングとして落とし込んでいる。バンド名をアルバムのタイトルに持ってきたことからも分かる通り、バンドがこの新作を記念碑的なアルバムとして位置づけているように思える。ファンとしてもこのアルバムが重要な作品となることを願うばかり。



・9月23日発売のニューアルバム

 


Alex G 「God Saves the Animals」

 


 

 

この週にリリースが予定されているのは、今後スターになる可能性を秘めた複数のアーティストの作品で、その筆頭格として挙げられるのがアレックス・GのGod Saves the Animals」となる。先行シングルとして「Blessing」「Runner」「Cross The Sea」がリリースされています。

 

アレックス・Gの音楽性はマニアックなインディーロックとして位置づけられるが、これらのシングルにおいてもその点に大きな差異はないように思えます。ただ、以上の先行シングルを聞くかぎりでは、ポップス、インディーロック、オルタナティヴフォークと3つの楽曲の中でバリエーションを感じさせる流れが形作されている。これらの多彩で芯の強い性質を持った楽曲が、他の収録曲にも複数見られるようであれば、この新作「God Save The Animals」は聴き応え十分のものになるだろうし、スマッシュヒットを記録する作品となる可能性も高い。



Maya Howke 「Moss」

 


 

マヤ・ホークは女優としても活躍する米国のシンガーソングライター、 今後知名度が上がっていきそうな気配もありそうです。この最新作「Moss」は2020年のデビュー・アルバムに続く2ndアルバムとなる。

 

「Therese」「Sweet Tooth」といった先行シングルでは、自然味あふれる北欧のフォークトロニカに近い童話的なフォーク・ミュージックを展開している。上記の二曲を聞くかぎりでは、良作以上の作品が期待出来るが、これらの穏やかな雰囲気を擁す牧歌的なフォーク音楽に加え、強烈なキャラクターを持つ名曲が収録されているのかがこのアルバムの完成度を占うものとなる。 米国のモダン・フォークミュージックの潮流を変えるような作品になるのかに注目で



Wilow 「Capingmechianism」

 


ウィローは多くの方がご存知の通り、俳優のウィル・スミスを親に持つシンガーで、既に著名なソングライターといえるでしょう。

 

しかしそういったハリウッドセレブを肉親に持つであるという事実がこのアーティストの実際の実力を見誤らせる1つの要因となっているのではないか。たとえ、ウィロー・スミスがどのような人物であっても、その歌声が大衆の心を揺さぶるパワーを秘めているのは事実なのだ。先行シングルとしてリリースされた「hover like a godness」は平たくいえば、これまでにありそうでなかった実験的なポップソングのひとつ。彼女の歌にはそういった有名人として見られることに抵抗するような力強さ、信頼性が感じられる。新作「Capingmechianism」はおそらくこのシンガー、ウィローのキャリアの分岐点となるようなアルバムになるのではないでしょうか。



9月30日発売のニューアルバム


Bjork「fossora」

 


アイスランドの世界的なシンガーソングライター、ビョークの最新作「Fossora」は、当初、英国の新聞The Gurdianの記事でアルバムのリリースが公表された。当初、ガーディアンの記者はこのアルバムの中に東洋的なエキゾチックな要素が込められていると説明していた記憶がある。

 

その後、ビョーク自身もこの新作アルバムについて、ポッドキャストを通じて言及を行いましたが、1つ言えることはアルバムの詳しい内容はまったく分からないということ。現時点では、先行シングルが発表されていないが、明日にリードシングルが発表されるとのことなので楽しみに待ちたい。刺繍やテキスタイルなど独特な観点から、このアルバムの音楽性を組み上げていった、と話すビョークですが、実際の音楽性がどのようなものになるか、全然読めないという点では、今月発売されるアルバムの中で、最もミステリアスな雰囲気に包まれています。予感としては、アーティスト写真に象徴されるカラフルな作品となるのではないでしょうか。



Pixies 「Doggrel」

 


今年末に来日公演を控えている偉大なオルタナティヴ・ロックバンド、ピクシーズもこの週にアルバムの発売を予定しています。

 

ちょうどロシア軍のウクライナ侵攻とリンクするような形で先行シングル「Human Crime」がリリースされているのはなんらかの因果があってのことか。少なくとも、この印象的な題名のシングルを聴くかぎりでは、このバンドの全盛期を彷彿とさせるひねりの効いたオルタナティヴ・ロックの原型が見いだせます。それに加え、ブラック・フランシスのボーカルには大御所の風格のようなものが備わっています。最初期のような過激さは望むべきもないかもしれませんが、1990年代の原点回帰を果たした作品としてビョークの作品と並んで、この週において最注目の作品のひとつになるでしょう。

 


Yeah Yeah Yeahs 「Cool It Down」

 



さて、上記の2つのアルバムのリリースに並んで、9月の最終週に発売が予定されているのが、ニューヨークのガレージロック・リバイバルシーンの旗手、ヤー・ヤー・ヤーズの最新作「Cool It Down」です。

 

トリオはどことなくSF調のアーティスト写真でアルバムリリースを大々的に予告し、最初のシングル「Spitting off The Edge Of The World」を公開し、世界の音楽メディアを騒然とさせた。

 

既に公開された先行シングル「Spitting off The Edge Of The World」「Burning」は、これまでよりもはるかに大きなスケールを持ったアンセミックなロック/ポピュラーソング、バラードソングが提示されている。九年ぶりのアルバムリリース告知により多くのロックファンの度肝を抜かせたヤー・ヤー・ヤーズですが、9月最終週に発売される新作『Cool It Down」』もファンの期待に違わず、良質なアリーナクラスのポップ/ロックアルバムとなることが期待される。




 

Photo: Lauren Maccabee

 

ケンブリッジ大学で結成されたポストパンクバンド、Sports TeamがIsland Recordsからリリースされる2ndアルバム「Gulp!」に先駆けて、先週末にニューシングル「Dig」を発表しました。

 

バンドは、この曲について「今日のポップカルチャーの薄い粥に必要な塩のピンチ」と表現している。

 

新作「Gulp!」は、10曲収録のアルバムとなり、9月23日にアイランドレコードからリリースが決定している。スポーツ・チームは、最初の先行シングル「R Enterainment」において、ファンに、この新作アルバムの雰囲気を伝えようとしている。パンクであり、ローファイであり、ポップであり、ディスコでもあり、SFチックでもある。このなんともカオスにまみれた音楽性については、全てこの六人組が意図的に計画したものであり、これは、まさに現代の文化、デジタル文化についての痛撃な皮肉、イングリッシュージョークが込められているのだ。もちろんそれをユーモアのセンスで否定的ではなく肯定的に捉えているのがこのバンドなのである。

 

「Gulp!」には、現代のSNS文化等に対するシニカルな風刺が込められている。多彩化する情報、増加しすぎた情報の限界性のようなものが、現実の社会、人々にどのような影響を及ぼすのかに着目している。

 

この六人組のポストパンクバンドは、現代の問題を的確に把握し、その問題を軽やかに我々の前に提示する。この先、さらに時代が進み、デジタル情報の供給が限界に達すれば、その先にはSFの世界しか存在しえないとの暗示を込めている。2000年以後から、世界中の人々は、多くの情報、多くの考え、多くの快楽を求め、デジタルの無限の海の中を行くあてもなく漂ってきたが、このオックスフォードの六人組、スポーツ・チームはそのことが既に限界点に達していることを教唆し、警鐘を鳴らしている。デジタル社会を生き抜かねばならぬ私たち現代人にとって、ほんとうに大切なものはなんなのか・・・、今一度、再確認するべき時機が到来しているのだ。

 

スポーツ・チームは、今月下旬にリリースされるニューアルバム『Gulp!』について以下のように語っている。

 

「ソーシャル・フィードの無限スクロール・・・、毎日検索した後にヒットする画像の無形性に突き動かされた全ての人間の経験を、ある種のエンターテインメントとしてパッケージすることを私達は試みている。それらは、例えば、ボディーガードのシーズン17の広告で中断されるグラフィック・ニュース・・・、野次馬そのものでしかない実に空虚なニュースのようなものだ・・・」

 


「Dig」

 


北アイルランドのエレクトロ・ポップ/インディーロックバンド、Two Door Cinema Clubが最新アルバムの『Keep On Smiling』収録の「Everybody's Cool」のミュージック・ビデオを公開しました。


新曲「Everybody's Cool」は、先週末、9月2日(金)にデジタルリリースされ、11月4日にフィジカルリリースされるニューアルバム『Keep On Smiling』の収録曲です。アルバムのストリーミング試聴は下記よりどうぞ。


5枚目のスタジオ・アルバム『Keep On Smiling』の曲作りとレコーディングに完全に没頭するための時間と空間を与えられたバンドは、クリエイティヴなプロセスに、より自由で、より協力的なアプローチを採用した。

 

ロックダウン中もロックダウン後も、バンド自身がアルバムの作曲とプロデュースを行い、Jacknife Lee(BLOC PARTY、THE KILLERS、Taylor Swift)とDan Grech Marguerat(HALSEY、LANA DEL REY、George Ezra)が追加のプロダクションを担当した。

 

アルバムのアートワークは、80年代にインスパイアされた鮮やかなスタイルとポップ・カルチャーのリファレンスで高い評価を博すイギリスのアーティスト、Alan Fearsによるもので、Fears特有のカラフルでシアトリカル、そして、しばしユーモラスで本質的にポジティヴな絵は、アルバムのテーマを視覚的に包み込むのに最適となる。

 

 「Everybody's Cool」




 

KATHRYN VETTER MILLER


LAを拠点に活動するこのソングライター、Marina Allen(マリーナ・アレン)は、2021年にデビュー・アルバム「Candlepower」をFire Recordsからリリースし、デビューを飾ったばかりだ。

 

カレン・カーペンター、ジョニ・ミッチェル、キャロル・キング、ローラ・ローニといった往年の女性名シンガーの影響を受けており、70年代のジャズやフォークに触発された良質なポピュラー・ソングがその音楽性の主要な特徴である。マリナ・アレンは、個人的な事柄について熟考しつつ、ユニークでしばしば声高に歌われるボーカルが常に前面に出るような繊細な楽曲をこれまで制作して来ている。9月16日に発売予定の新作アルバム『Centrifics』の場合、特にCovid−19のパンデミックに触発された自己改善に関する考察が曲をまとめられているようだ。


このニューアルバムからの最新シングル「Halfway Home」は、ソングライターであるアレン自身が率直に語るように、ヒップホップ用語でいうところの「ハイプマンソング」として作曲された。

 

「自分の考えに囚われている、本当に信じている友人のために書いた」とアレンが語るこの曲の特徴は、穏やかでありながら、愛する人が前進し続けるためのインスピレーションの源泉となるような、ドライブ感あふれるものである。

 

「これは目覚めの歌であり、友情の歌であり、私もそれを聞く必要があったから書いた歌よ」と彼女は語っている。


下記よりこの新曲をご視聴ください。9月発売の新作アルバム『Centrifics』の予約はこちらからどうぞ。

 


 デヴィッド・バーンは、現代において最も重要なミュージシャンの一人です。彼は後進のアーティストに模範的な姿勢を示してきた真のイノベーターであり、彼の作品に出会ったすべての発展途上のミュージシャンに素晴らしいインスピレーションを与えている。アーティストとして、彼のタップは常に流れており、現在活動している中で最も疲れを知らずのクリエイターでもある。


デヴィッド・バーンは、ニューヨークのニューウェーバーのパイオニアであるトーキング・ヘッズのフロントマンであり原動力として有名である。バンドでは、同じく尊敬するティナ・ウェイマス、クリス・フランツ、ジェリー・ハリソンとともに、かつてないほどの刺激的なノイズを生み出してきた。シンコペーションが効いた爽快なサウンドは、今後のすべてのオルタナティヴ・アクトの水準を引き上げることになった。



トーキング・ヘッズの創造的なビジョンは、音楽界のトップに君臨するブライアン・イーノの知性によって大いに豊かにされたことは特筆に価するだろう。イーノは、1978年の『More Songs About Buildings and Food』、1979年の『Fear of Music』、1980年の『Remain in Light』という3枚のトーキング・ヘッズの名盤の制作を促進させた人物である。



この提携は、ロック史上最も豊かなものであったことが証明された。この3枚のアルバムがリリースされた後、主にフェラ・クティ風のダイナミクスを流用したおかげで、彼の作品はより啓発された状態で残された。


しかし、デヴィッド・バーンがその卓越した才能を発揮したのは、トーキング・ヘッズだけにとどまらない。近年では、ミツキやX-PRESS 2など、様々な若いアーティストとコラボレーションを行い、後者によるヒット曲「Lazy」はハイライトのひとつに過ぎない。デヴィッド・バーンは、そのキャリアの中ですべてをやり遂げただけでなく、そのクリエイティビティーは衰える気配がない。


デヴィッド・バーンはその高い創造性において比類なく、一貫して進化し続ける彼のキャリアは、現在も驚異的な上昇軌道をたどっている。ブロードウェイ・ショーからビル全体のインフラを楽器に変えるプロジェクトまで、彼の作品には数え切れないほどの斬新かつ空前絶後のプロジェクトが含まれている。お金や名声のためではなく、「好きだから音楽を作る」というストイックかつシンプルな姿勢が、長年にわたって数知れないファンを魅了してきたわけです。


そんなバーンさんですが、多くのファンが何よりも望んでいるのは、トーキング・ヘッズの再結成でしょう。2002年のロックの殿堂入りを記念しての再結成を最後に、ダイナミックなニューウェーバーが一緒にステージに立ってから20年が経つ。バンドの再結成を望む声はかつてないほど強まっているようだ。


バンド内の複雑な人間関係も再結成を断念した大きな要因に挙げられるが、デヴィッド・バーンはバンドの再結成とそれがしばしばもたらす悪弊を彼は軽蔑しきっており、そのことがリユニオンを遠ざける決定的要因ともなっている。彼は、2018年にローリング・ストーン誌の取材で再結成を嫌う理由を次のように明かしており、彼の話を聞くかぎりにおいては、ティナ・ウェイマスとCo.に参加することはなさそうである。


"他の人たちがリユニオンする時にどうなるかを傍らから見て来ている"と、彼はインタビューで説明している。"2度目の再結成、3度目の再結成という具合になる。…でも、多くの(他のバンドの)再結成では、新しいことを何も言わないように見えるし、"OK、これは単なるノスタルジアの練習のようなものだ "と言うんだろう。僕は初っ端からそんなことに興味はないんだ」

 



昨晩(9月3日)行われたテイラー・ホーキンス追悼公演では、シェーン・ホーキンスが素晴らしい演奏を披露してくれたようだ。


今年初めにテイラー・ホーキンスを失ったことは、ファンに大きな衝撃を与え、世界中に感情的な追悼の波を巻き起こした。フー・ファイターズは、追悼のためにすべての予定をキャンセルし、ロンドンとロサンゼルスでの2回の公演を発表しました。


友人、仲間、そしてヒーローを集め、Foo Fightersは仲間を称える特別な夜を計画しました。リアム・ギャラガーがフー・ファイターズと一緒に「Live Forever」を歌い、テム・クルックド・ヴァルチャーズが再結成して素晴らしいワンオフセットを披露し、ゲストにはラッシュとクイーンも登場しました。


これらのロック・アイコンの中には、テイラー・ホーキンスの家族も含まれており、彼の息子である若干16歳のシェーンは、その頂点に立つことができたのです。その結果、シェーン・ホーキンス自身も素晴らしいドラマーであることが判明し、彼は最高のドラマーから学び、「My Hero」での彼の演奏はまさに多くの人の記憶にのこるものとなった。


 

Photo: Maria Mochnacz

Smoke Fairies(Jessica DaviesとKatherine Blamireのデュオ)は、2008年のデビュー7インチ「Living With Ghosts」以降にリリースした全シングルを収録したコンピレーションアルバムのリリースを発表しました。(この新作アルバムのオフィシャル先行予約はこちらからどうぞ)

 

このコンピレーション・アルバムは、10月28日に”Year Seven Records”からリリースされる予定となっている。この作品はJack Whiteがプロデュースを手掛け、Third Man RecordsのブルーシリーズとしてダブルAサイド7インチとしてリリースされた「River Song」が収録されている。

 

ドラムとギターにはJackWhiteもレコーディングに参加しています。発表と同時に、Smoke Fairiesは、Sophie Graves監督によるこの曲のアニメーション・ビデオを公開しました。下記よりご覧ください。


「シングルをリリースして15年なんてあっという間だった」 と二人は声明でコメントしています。

 

「このリリースを作成することは、Smoke Fairiesのアーカイブを振り返るような経験となった。それぞれのシングルのリリースには、二人のそれぞれの思い出が込められているはずです」


先行シングル「River Song」について、彼らは次のようなコメントを添えている。


ジャック・ホワイトがレコーディングのためにサード・マンのスタジオに私たちを招待してくれたとき、私たちは何を期待すればいいのか、どんな曲を持っていけばいいのか見当もつかなかった。

 

「River Song」は、私たちが何年もかけて作り上げた、複雑で暗く不気味な作品です。ギター2本、ボーカルは古いヴィンテージ・マイクで歌い、そのままテープに録音した、とても純粋な手法をとっている。

 

私たちはナッシュビルから帰国し、この曲をジャックに託しました。1つはストレートで心に残るシンプルなもの、もう1つはティンパニとジャック・ホワイトの荒々しいギターソロが入っている。

 

しかし、この曲が初めて演奏されたとき、どちらのバージョンをリリースしなければならないかが分かった。この曲は時間や場所、ジャンルにとらわれず、ただただ奇妙なトラックであり、2つの世界の衝突であり、私たちは永遠にこの曲に感謝することになると思います。


 

FKA Twigsがミックステープ『Caprisongs』をYoungから初めてレコードで9月23日にリリースする。


今年1月にリリースされたCaprisongsには、The Weeknd, Jorja Smith, Pa Salieu, Rema, Shygirl, Unknown T, Daniel Caesarが参加している。今回、レコード盤としてデビューするこのアルバムは、通常のブラックの他、限定版のグロー・イン・ザ・ダーク・エディションが用意されています。

 





FKA Twigs  『Caprisongs』 Vinyle Version

 



Tracklist:

1. Ride The Dragon
2. Honda feat. Pa Salieu
3. Meta Angel
4. Tears In The Club feat. The Weeknd
5. Oh My Love
6. Pamplemousse
7. Caprisongs Interlude
8. Lightbeamers
9. Papi Bones feat. Shygirl
10. Which Way feat. Dystopia
11. Jealousy feat. Rema
12. Careless feat. Daniel Caesar
13. Minds Of Men
14. Minds Of Men (Outro)
15. Darjeeling feat. Jorja Smith & Unknown T
16. Christie Interlude
17. Thank You Song

 

Pre-order:

値下げ☆エプソン ETカートリッジ ブラック(Mサイズ) LPC3T21K 



ノルウェーのシンガーソングライター、Siv Jakobsen(シーヴ・ヤコブセン)が次作アルバムのリリースを発表しました。

 

『Gardening』は、The Nordic Mellowより2023年1月20日に発売予定です。このアルバムには、これまでにリリースされた「Birthday」と「Most of the Time」、そして、先週末の新曲「Romain's Place」が収録されています。アルバムのジャケットとトラックリストは以下の通りです。


「パンデミックが起こる直前、私は小さなツアーに出ていて、気がついたら故郷と呼んでいた街に戻っていました」と、ヤコブセンは声明の中で、このニューシングルについてこう語っています。

 

「数年前にその街(とその街で築いた関係)を離れて以来、私は戻ってきませんでした。私は、自分の身体と心が戻ってきたことにとても衝撃を受け、すぐに自分の感情を解きほぐさなければならないことに気がついた。

 

その時、私は友人のロマンのところに滞在していたのですが、彼のアパートで過ごした時間は、私にとってこの気づきと、しばらく眠っていた過去の亡霊と向き合うきっかけを与えてくれた。当時は、気が狂いそうなほど圧倒されていました。まるでタイムマシンに飛び込んで過去に戻ったかのように、本当に幽霊に取り憑かれたような気分だった」


シーヴ・ヤコブセンの2020年のレコード『A Temporary Soothing』に続く『Gardening』は、ハンス・オラフ・セッテムとシメン・ミトリッドが制作し、ザック・ハンソン(ボン・イヴェル、ハンド・ハビッツ、シルヴァン・エッソ、ザ・トールスト・マン・オン・アース)がミキシングを担当している。また、Emma GatrillとMarcus Hamblettがインストゥルメンタルで参加しています。


「”Gardening "は、私の過去の特定の人間関係と、それが過去、現在、未来の私に及ぼす影響に取り組んでいます」とJakobsenは説明しています。

 

「実生活では、オスロの自宅にある質素だけど素敵な庭の手入れをしている。私は、ガーデニング、草取り、花や食用植物が植えられたささやかな中庭の手入れという物理的作業に大きな喜びと安らぎを感じ、その色彩と比喩が私の文章にしみ込んでいった。このレコードは、私にとって誇らしいものであり、同じ類の経験をした人たちが、自分を見て、孤独ではないと感じることが出来るようにと願うものです。

 

 



Siv Jakobsen 『Gardening』

 

 

Tracklist:


1. Small

2. Romain’s Place

3. Most Of The Time

4. Birthday

5. Bad By Design

6. Bad By Design (Reprise)

7. Tangerine

8. Blue

9. Sun, Moon, Stars [feat. Ane Brun]

10. Gardening

11. Garden

 

 

Pre-order:

 

https://ingrv.es/gardening-pt-1


 


ボストンのオルタナティヴ・ロックバンド、Vundabar がニューシングル「Shadow Boxing」を先週末に公開しました。この曲は9月16日にamuseからリリースされる彼らのコンピレーション・アルバム『Good Old』からの「Time」に続く二作目の最新シングルとなります。

 

このコンピレーションアルバムは、2015年の『Gawk』から2017年の『Smell Smoke』の間に録音された7曲の未発表曲と、過去にリリースされた楽曲のアコースティックのリミックス4曲によって構成されている。


バンドのBrandon Hagen(ブランドん・ヘーゲン)はプレスリリースを通じて、今回公開された楽曲について「これは自己欺瞞についてなんだ。内側にではなく外側に目を向け、そこにある重要なポイントを見逃すことについて。若者の空回りや不快感のある時期に書かれたものだ」と述べています。

 


Photo: Marcuss Maddox

フィラデルフィアを拠点に活動するシューゲイズ/ギターロックバンド、Knifeplayが2ndアルバム『Animal Drowning』を発表した。

 

2019年の『Pearlty』に続くこの新作アルバムは、Kurt VileやNothing、The War on Drugsとの仕事で知られるJeff Zeiglerがプロデュースを手がけた。Topshelf Recordsから10月19日にリリースされる。

 

リード・シングル「Promise」は、Ben Turokが監督したビデオとともに先週末に公開されています。アルバム・ジャケットとトラックリストは以下の通りです。


この曲の作詞者であるTj Strohmerは、「私たちは、皆、自由人であり、アーティストであるために生まれ、自己実現を目指すことを意図しています」と述べています。

 

「しかし、私たちは恐怖と混乱の中、精神的にやせ細った現代社会に吐き出されている。ほとんどの人は、"実用的 "と教えられたことに従うか、その恐怖と混乱の中でただ枯れていくだけだ」


Ben Turokは、このミュージック・ビデオについてコメントしています。"私のゴールは常に曲の世界観を視覚的に表現することです”

 

「Promise」は歌詞がストレートな感じなので助かる。ドキュメンタリー風に撮りたかったのは、私たちの生活の、しばしば美しく、時に荒涼とし、常に混沌としたトーンを最も正確に捉えているように感じた。

真っ先に頭に浮かんだのはカップルのイメージなんだ。私にとって恋愛関係は常に避けられない現実につながる。最終的に私たちの関係は、私たちの本当の姿について認めたくないようなことを教えてくれるんだ」

 


 

 

Knifeplay 『Animal Drowning』




Tracklist:


1. Nobody

2. Lonely Sun

3. Promise

4. Bleed

5. Animal

6. Deserve

7. Hearts

8. Ryan Song

9. Untitled

10. Cold Rain

 

 

Pre-order:

 

https://linktr.ee/knifeplay_music 


 



 

Gorillazは、ファン待望の8枚目のスタジオ・アルバム「Cracker Island」を来年2月24日にリリースすると発表しました。


Stevie Nicks、Adeleye Omotayo、Thundercat、Tame Impala、Bad Bunny、Bootie BrownとBeckがゲスト参加した「Cracker Island」は、Gorillazが「The Last Cult」に参加する新メンバーを募集してカリフォルニアに移住後、今年初めにロンドンとLAでレコーディングが行われた

 

 

ゴリラズは、BBC Radio 1のインタビューで、この新作アルバムについて次のようなコメントを添えている。


クラッカーアイランドは、狂った考えを持つ人々が、「クラッカーアイランド」という自分たちのエコーチェンバーで、みんな幸せに暮らせるというもの。他にも曲を書いた島はあるのですが、この島の構想が一番最初にふさわしいと思ったんだ。
 

始まりはGarageBand。それからThundercatがやってきて、この素晴らしいベースをかけてくれた。この素晴らしいファルセットのコール&レスポンスで歌ってくれる人が欲しかった...。彼は間違いなくそれを実現し、完成度を高めている。彼はとんでもないことをやってのける。普段は6弦ベースというコンセプトは好きではないけれど、彼の手にかかればそれも理解できる。
 

実は、他にも新しい曲がいくつかあるんだけれど、まだライブではやらないつもりだ、まず聴いてもらわないとね...。でも、この曲は最初からずっとうまくいっているんだ。





Gorillaz 『Cracker Island』 

 



Tracklist:

 
1. Cracker Island ft. Thundercat
2. Oil ft. Stevie Nicks
3. The Tired Influencer
4. Tarantula
5. Silent Running ft. Adeleye Omotayo
6. New Gold ft. Tame Impala & Bootie Brown
7. Baby Queen
8. Tormenta ft. Bad Bunny
9. Skinny Ape
10. Possession Island ft. Beck

 

 

Pre-order:

 

https://www.gorillaz.com/



Nirvana 『Nevermind』のアートワーク
 

ニルヴァーナは、「ネヴァーマインド」のカバーアートに赤ちゃんの姿で登場し、有名となった原告スペンサー・エルデン氏が起こした「児童ポルノ」訴訟に勝訴したことがこの度判明した。

 

ローリングストーン誌によると、このネヴァーマインド裁判を担当したフェルナンド・オルギン米連邦地裁判事は、”エルデンが提訴するのに長く時間をかけ過ぎた”という事由を元に、10年の時効に基づき訴えを棄却することを最終的に決定した。「要するに、(エルデンが)違反を発見してから10年以内に訴状を提出しなかったことは議論の余地がないため、裁判所は彼の請求は時効でないと結論付けた」とフェルナンド・オルギンは8ページに及ぶ裁判の判決文において記している。

 

裁判の判事オルギンは続けた。"原告は時効に関する彼の訴状の欠陥に対処する機会があったので、裁判所は、原告に修正された訴状を提出する4回目の機会を与えることは無駄であると説得される。"

 

さらにこの最終的な判決を受けて、ニルヴァーナの法務担当者はロイター通信に対して次のように語った。"我々は、このメリットのない訴訟が迅速に最終的な結論に至ったことを喜んでいる"。

 

被告ニルヴァーナは2021年8月に初めて訴えの却下を申請し、スペンサー・エルデンは長年にわたり、サイン入りのカバーを販売したり、大人になってから写真を再現するなど、ネヴァーマインドのカバーアートとの関わりを進んでアピールしてきたため、彼は何らの損害も被っていないと主張していた。また、エルデンが訴訟を起こすには時間が経ちすぎているとのことだった。

 

スペンサー・エルデン氏側の主張は、精神的苦痛、稼得能力の喪失、成人後の「人生の楽しみの喪失」といった損害を被ったとのことであった。また、彼は、バンドが彼の性器をステッカー等で隠す取り決めが交わされていたが、実際のアルバム・アートの公開、アルバムの発売時に約束が組み込まれなかったこと、コバーン、クリスト・ノヴォセリック、デイヴ・グロールが性的搾取から彼を保護しなかったことを裁判において主張した。さらに彼は、この訴訟で、ジャケットのドル札が赤ちゃんを "風俗嬢 "に似せているとも主張している。スペンサー・エルデンは、この訴訟において、名前を挙げた各当事者にそれぞれ15万ドルの賠償金請求を行っていた。


スペンサー・エルデンは以前、三形式の訴状を裁判所に対して提出していたが、今回の裁判官の棄却により、これ以後、4つ目の訴状を提出することができなくなる。

Weekly Recommenedation 

 

Living Hour  『Someday Is Today』



Label:
Next Door Records 


Release: 2022年9月2日

 

Listen/Stream

 

 

Review

 

リヴィング・アワーの出身地、カナダのマニトバ州ウィニペグには、先住民族が古くから住んでおり、レッド川とアシニボイン川、2つの川が合流地点にあたり、エスキモーにとっても神聖な地域に当たる。そういった都市特有の気風が色濃く反映された一枚が、彼らの最新アルバム「Someday Is Today」ということになる。バンドのメンバーはバンクーバーの気風を知らぬわけではないが、いつもこのウェニペグという風光明媚な都市が好きで戻ってきてしまうというのだ。

 

それ以前に書かれた曲も中には含まれているというものの、このアルバム『Somday Is Today』の大部分はカナダのロックダウン中に書かれものである。さらに、ourcultureのインタビューによると、作品のインスピレーションとなったのは、ニューヨークのFloristの音楽であるようだ。他にもギターやカシオのシンセサイザー、ボイスメモ等を介して、リモートのやりとりを通じて、最終的に完成へと導かれた作品だという。 パンデミックの当初、ボーカリストは、この隔離の期間に特権を感じ、楽しんでいた部分もあったのだそう。その後、ZOOMを介して、Jay Somや Melina Duterteといったゲストと丹念に組み上げられている。ちょうどメリナ・ドュテルテはマニトバにツアーのために訪れていたこともあり、直接的な交流を取ることによって、相互の音楽における信頼関係がこの作品にも良い方に表れ出ているようにも思える。

 

この最新アルバムは寒冷な土地ウィニペグの”No Fun Club”というオープンしたばかりのスタジオでレコーディングされている。このスタジオの設計者はそのスタジオを「吸血鬼のステーキハウス」と呼び、奇妙なゴシック調のシャンデリアが装飾品として吊り下げられた英国の19世紀の時代を思わせるようなスタジオが使用された。また、パンデミックのために録音自体は当初の予定よりも数ヶ月遅れで始まり、2020年の10月から翌年の1月に変更された。

 

しかし、このバンドにとっての予期せぬ出来事は、新たなレコードを作製する上で結果として良い効果をもたらしたのではないかと思われる。よく、このバンドの音楽は「白昼夢のよう」と称される場合があるが、バンドの特性はこのアルバムにおいて強化され、夢見心地のインディーポップ、ギターロックの世界が確立されている。タワーレコードの提供資料では、シューゲイズ寄りの作品と説明されているが、実際、全くないわけではないものの、シューゲイズの要素は薄く、どちらかといえば、ヨ・ラ・テンゴや『Loveless』以前のマイ・ブラッディ・バレンタインに近いオルト・ロック/ドリーム・ポップの心地よい音楽が全編を通じて展開される。

 

アルバムの前半部では、スローテンポの落ち着いた良質なインディーロックが一貫して提示されており、オープニングを飾るポップアンセム「Hold me in Your Mind」、スローコア/サッドコアのような内向的な質感を持つロックソング「Curve」、それに加え、ドリームポップの王道の楽曲「Hump」の甘美な旋律進行やハーモニーでリスナーを魅了する。しかし、それらのオルタナティブロックの要素はこのレコードの魅力のほんの一部を表したものでしかあるまい。その他、アルバムの後半部では、チルアウト、ボサノバの影響を受けた、トロピカルな雰囲気を漂わせる「Miss Miss Miss」といったリラックスした良曲でリスナーの心をクールダウンさせてくれる。

 

やはり、特筆すべきなのは、このアルバムは、ウィニペグの季節の清涼感のある空気感が音楽に力強く反映されていることに尽きる。「Someday Is Today」は、目を閉じて聴いていると、そういった冬の美しい風景が自ずと脳裏に浮かんできそうだ。人間の想像性を最大限に喚起する力をもったレコードであり、音楽自体がその土地の季節の風景を抒情的に反映させたものとなっている。これは2020年のカナダのウィニペグでしか作り得ない数奇なレコードとも言える。

 

サウンド・プロダクションの側面においても、ロックダウンという時代背景を全然感じさせない、音楽としてバンドメンバー、ゲストミュージシャンとの緊密な連携が保たれており、作品自体の完成度も群を抜いて高い。本作のリスニングを介してリヴィング・アワーの音楽の持つ魅力が心ゆくまで体感出来るはずだ・・・力が程よく抜け、涼し気な雰囲気を持つボーカル、フォーク・ミュージックのように叙情的で繊細なアルペジオギター、My Bloody Valentineの最初期のようなレトロなシンセを駆使した甘美なフレージング、楽節の短いセクションに導入されるループエフェクト・・・、どれをとっても超一級の才覚が迸っている。『Someday Is Today』は今年度に発売されたドリーム・ポップのジャンルの作品の中で最高傑作の一つに挙げられるだろう。

 

 

 90/100

 

 

 

Weekend Featured Track 「Humb」  

 

 オズボーン一家にスポットライトを当てる名物ドキュメンタリー番組「The Osbournes」が、「Home to Roost」というタイトルの新しい番組として生まれ変わることが決定した。この番組は、オジーとそのマネージャーであるシャロンが近年まで居を定めていたロサンゼルスから母国のイギリスへ戻る様子を始め、この一家の生活のさまざまな側面を描く予定となっています。

PHOTO:Kevin Muzer


『Home to Roost』は、BBC OneとそのVODサービスiPlayerで、30分のエピソードからなる10部作として2023年に放送される予定です。この発表は、オズボーン一家の画期的なリアリティ・シリーズ「The Osbournes」がMTVで最初に放送されてから20年後に行われました。


BBCのプレスリリースによると、『The Osbournes』と同様、『Home to Roost』もシャロンとオジーの子どもであるジャックとケリーの人生に焦点を当てる予定という。彼らの娘であるAimeeは、The Osbournesのときと同様に、スポットライトを浴びないことを選んだようです。この新しいドキュメンタリーの全容は次の通りです。


『ホーム・トゥ・ルース』は、バッキンガムシャーの田舎町で人生をやり直そうとするオジーとシャロンのイギリスへの旅、それを支えるケリーとジャックの努力を記録するものです。シャロンの70歳の誕生日、ケリーのもうすぐ生まれる赤ちゃん、オジーのツアー、そしてもちろん、大きな引っ越しなど、これまでで最も重要な年を祝うオズボーン一家を追ったシリーズとなります。これは、シャロンとオジーが病気や年を重ねることの難しさに直面しながらも、いつものオズボーンの奇抜さ、ユーモア、温かさ、愛にあふれた真のポートレートになるだろう」


既報の通り、ケリー・オズボーンは恋人であるスリップノットのシド・ウィルソンとの間に第1子を妊娠中だという。一方、ジャックは前妻リサ・ステリーとの間に3人の娘を持ち、さらに現在の恋人アリー・ギアハートとの間に生まれたばかりの娘もいる。


シャロンとオジー夫妻は当初、ロサンゼルスの税金が高額なため、母国イギリスに戻るとしていたが、最近ではアメリカで無差別殺人事件や、国家の分裂に「うんざりしている」と語っている。


「”オズボーンズ”が英国の番組に復帰するということは、一生に一度あるかないかの機会です」と、シリーズのクリエイティブ・ディレクターであるベン・ウィックス、及びコリン・バーは述べています。「20年前、彼らは私たちすべてのためにテレビを形作った - 今、彼らは彼らの人生の異なる段階で母国に来ている。20年前と同じように、大きな笑い、そして愛と涙を約束します!」

 

オジー・オズボーンのニューアルバム『Patient Number 9』は9月9日に発売される。様々な体調不良やパンデミックの影響で2018年からツアーを行っていないが、2023年春にイギリス/ヨーロッパでの公演が予定されている。

")}else{currentPage="label";if(thisUrl.indexOf("&max-results=")==-1){perPage=20} if(urlactivepage.indexOf("#PageNo=")!=-1){currentPageNo=urlactivepage.substring(urlactivepage.indexOf("#PageNo=")+8,urlactivepage.length)}else{currentPageNo=1} document.write('')}}} function redirectpage(numberpage){jsonstart=(numberpage-1)*perPage;noPage=numberpage;var nameBody=document.getElementsByTagName('head')[0];var newInclude=document.createElement('script');newInclude.type='text/javascript';newInclude.setAttribute("src",home_page+"feeds/posts/summary?start-index="+jsonstart+"&max-results=1&alt=json-in-script&callback=finddatepost");nameBody.appendChild(newInclude)} function redirectlabel(numberpage){jsonstart=(numberpage-1)*perPage;noPage=numberpage;var nameBody=document.getElementsByTagName('head')[0];var newInclude=document.createElement('script');newInclude.type='text/javascript';newInclude.setAttribute("src",home_page+"feeds/posts/summary/-/"+postLabel+"?start-index="+jsonstart+"&max-results=1&alt=json-in-script&callback=finddatepost");nameBody.appendChild(newInclude)} function finddatepost(root){post=root.feed.entry[0];var timestamp1=post.published.$t.substring(0,19)+post.published.$t.substring(23,29);var timestamp=encodeURIComponent(timestamp1);if(currentPage=="page"){var pAddress="/search?updated-max="+timestamp+"&max-results="+perPage+"#PageNo="+noPage}else{var pAddress="/search/label/"+postLabel+"?updated-max="+timestamp+"&max-results="+perPage+"#PageNo="+noPage} location.href=pAddress} window.onload=function(){var e=document.getElementById("copyright");null==e&&(window.location.href="http://www.veethemes.co.in"),e.setAttribute("href","http://www.veethemes.co.in/"),e.setAttribute("rel","dofollow"),e.innerHTML="VeeThemes.co.in"}; /*]]>*/